Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska 2012 [15] - Tour 2: Alaska Railroad -2nd Trip-
アラスカ旅行記、ツアー2本目は、オーロラ2ナイトとアラスカ鉄道での移動からの豪華客船クルーズというプランだったため、あまりご紹介するお写真がありません。最初の2ナイトのオーロラ用の日程が、ザンザン降りだったんですね(笑)。

ということで、このツアー2は、2回目のアラスカ鉄道の旅で撮った写真をご紹介したいと思います。天気はパッとしなかったので眠たい?というのかな?写真が多いですが、アラスカ鉄道の旅を少しでも感じていただけたら嬉しいです。

a0190559_200171.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm, 1/250, f5, ISO200), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
前回通った時から少し経ち、さらに紅葉が進んでいる。
a0190559_19434980.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (16mm, 1/200, f5, ISO200), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
アンカレッジからフェアバンクスまで一本しかない道と、鉄道が所々で交差する。大自然の中にコンクリートの違和感。。。というほど浮いてもないのがいい。
a0190559_19435329.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm, 1/400, f5, ISO320), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
デナリ国立公園に入った。今回は通過するけど、これが多くの観光客が泊まるプリセスとシャレーリゾート。奥には、こちらのエントリーでも紹介した商店の並びが見える。


ブログランキングに参加しています。更新のやる気になるので読んでいただいたら、→→→クリック←←←願いします!!





a0190559_19435627.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm, 1/1250, f5, ISO200), RAW ]
こちらの一枚は、RAWから現像したが、SSとかで状況分かる方なら分かる通り、元はだいぶんと暗い一枚だった。現像においてここまで明るく彩りもある(?)仕上がりにしたが、なんでSSこんなことになったのだろう(笑)。でも、構図的にはいい感じかな?と思う一枚。
a0190559_19435777.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm, 1/3200, f5, ISO200), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
こちらは、“意図して”SSを短くして、暗く撮った一枚。轟々とした雲の印象と黒く写った山の印象が神々し、、、くないでしょうか?
a0190559_1944015.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm MACRO (1/2500, f5, ISO200), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
レンズを変えてもう一枚。曇っている時は曇っている時で、楽しみがある、と思えるのがアラスカの大地の素晴らしいところかもしれない。

そんなこんなでタルキートナ(Talkeetna)という町(ツアー1でも泊まった)まで移動し、そこでこのツアーの参加者のみなさんにとっては最後の陸地での夜を過ごし、翌日、豪華客船でのクルーズに参加するため港へ移動した。天気は正直イマイチだったが、その後みなさんは楽しいクルーズを過ごされたなら良かったなと思う。


さて、次回のアラスカシリーズはツアー3です。こんどはアンカレッジからフェアバンクスへの順番で進みます。お楽しみに!


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。
*RAW file was proceeded with Aperture 3. Finished with Photoshop CS4.





色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2012-12-11 22:35 | Travel Log


<< HAPPY NEW YEAR ... Alaska 2012 [14... >>