Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska 2012 [2] - Tour 1: Day 1 - Exploring in Alyeska
アラスカに来て2日目、早速1本目のツアーに同行することになった。5泊6日かけて、アンカレッジからフェアバンクスまで移動しながら夏のアラスカを満喫するツアーだった。フェアバンクスは、2010年のアラスカ撮影旅行の際8日間滞在したので馴染みがあったが、アンカレッジは初めて。このツアーの後にはガイドとしてひとり立ちさせていただく予定だったので、覚えることが沢山だった。

そんなこんなで始まったアラスカツアー第一回。初日は、空港にてツアーグループをお迎えした後、アンカレッジの市内観光を経て、アリエスカリゾート(Alyeska Resort)というリゾート地にやってきた。冬場はスキー場として賑わう同地は、しかしながら、リゾート的開発・発展を遂げたことから、夏期の方が来客が多いそうだ。とても美しいホテルがあり、この日はそこで一泊することになった。ツアーのお客様方はロープーウェイに乗ってホテル裏にある山の山頂へ向かい、そこにある絶景レストランで夕食を、というプランだったが、研修ガイドのボクはそれはなしだったため、ホテルで少しゆっくりしてから同じくホテル裏あたりから始まっているトレイルをみつけ、そこを散策することにした。

a0190559_12421856.jpg
ホテルのすぐ裏からの景色。冬になると真っ白になるのだろう。

a0190559_13525189.jpg
[PENTAX Optio WG-1] 40分くらい歩いたころ、川が見えて来た。危うい木製の橋がかかっていたので渡ってみたが、渡った先、続きがどうなっているのか不明だったため戻って来て元のトレイルルートを進むことにした。

そこからさらに15〜20分歩いた。林道の横には川が並走していたのだけど、また新たな橋があり、渡ってすぐのところから川に降りられそうだったため(このポイントは橋と川の差が8〜10mはありそうだった)ゴツゴツした岩の隙間を降りてみた。






実は、この岩の隙間から落ちてしまうというアクシデントがあって、カメラのパーツが吹き飛んだ&右足がめちゃくちゃ痛かった(/ω;)のだけど、久しぶりに清流(若干ワイルドだったかも?)の撮影を楽しんだ。
a0190559_12422230.jpg
水の色が濃いターコイズ色に近いのは、氷河から解けた水が流れ込んでいるため。氷河は、長年降り積もった万年雪が圧縮され作られるのだが、その圧縮の過程で空気が抜け、空から降り注ぐ光は青だけを反射し、その他の光は吸収する性質を持つ様になる。そのためたまに目にするかもしれない氷河群は青く見えるのだが、そこから溶け出した水も性質上青く見えるのだ。
a0190559_12413498.jpg
こちらの一枚は、HDR合成してみたもの。最近iPhoneのHDR合成撮影が楽しいなと気づいて、RAWから露出の違う数枚を用意してのHDR合成作成に興味が出始めたため、やってみた。HDRすると、どこか嘘っぽい色になるのがどうかな、と思っていたが、しっかりRAWから画像を用意してやると、意外と見られる物になったなという印象。
a0190559_12422926.jpg
川面すれすれ近くまで降りての一枚。三脚の足が大きく開くタイプの物だったのでこういうアングルも楽々。K-7は防塵防滴で、レンズもDA★16-50mm(同じく防防)にしておけば水しぶきが恐くないのがいい。
a0190559_12422565.jpg
まぁ、ボクはあまりこういう場所での撮影が得意じゃないので似通った写真を量産してしまったわけで、小雨も降り始めたのもあり、ここでの撮影は長くせず、再び岩を登り、通常ルートに戻った。正直、このトレイルがどれだけ長いか知らなかったので、どこまで奥に行こうか悩んだけれど、もう少し進んだところで“ちょうどいい折り返し地点”があった。
a0190559_082875.jpg
[PENTAX Optio WG-1] これ、手動式のトロッコ。かなり高い渓谷を「これで渡って続きを進みなさい」という感じ。そっこう、無理!ってなる。高所恐怖症だからね。興味はあるけど、単独行動中だったし、もし途中で動かなくなったり、動けなくなって立ち往生したらかなり恐い(し危険)なわけで、さすがにここで引き返すことにした。

というわけで、アラスカ(実質)初日。意気揚々と自然の中に飛び込んだ体験はこんな感じで終わった。アラスカじゃなくてもシアトルから行ける場所にこれくらいのトレイルはいくつもあるから、そんなにすごく珍しいということはなかったのだけど、今年はギャラリー準備やオープン、運営などの都合で日本にいることが多く、これが今年初めてのトレッキングになったため、「あーーー、やっぱ自然の中を歩くのっていいなぁ!」となった。ちょっと落ちて、痛い、というアクシデントがあったものの、往復3時間くらいの自然ウォーク(and 撮影)はとても楽しかった!

次回は、氷河クルーズに行った時の様子をご紹介したいと思います。お楽しみに!


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。
*Photos by PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (otherwise it's stated)


"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?このエントリーがためになったなーとか、面白かったなーって思ったり、何か感じていただけたら、下の応援ボタンを「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2012-10-13 00:17 | Field Log


<< Alaska 2012 [3]... Alaska 2012 [1]... >>