Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

アラスカ滞在もいよいよ終盤に入りました!
八月にアラスカに入って早いものでもう1ヶ月近くが過ぎました。

例年やっていたシアトルでの夏の仕事が少なくなったことが逆にアラスカにまたやってこれるチャンスをもたらしてくれた形でのアラスカ入りでしたが、正直最初はこちらでどんなお仕事が待っているかハッキリわかっていたわけでもありませんし、忙しさや、(仕事ですので当然考慮に入ざるを得ない)どれだけ稼げるのかということなどわからないままやってきました。

どうしても自分の家から長い期間はなれるということに不安を覚え、1ヶ月と少しという短い期間ではあるものの、心配ごとを抱えたまま来ましたが、来てみたらとてもすばらしい毎日の連続で、そりゃあ初めてのことづくしだし、色々とストレス原因になることもたくさんありますが、本当に毎日毎日色々な経験をさせていただいていて、素敵な出会いもたくさんありますし、充実した毎日を過ごさせていただいています。

初めて訪れた夏のアラスカは冬季のそれとは打って変り、緑豊かな大自然!という様相で、それだけを取ってみると、「我がワシントン州も負けてまへんで!」と思ってしまうものの、“Last frontier”と呼ばれる土地なだけあって、ワシントンとはまた違う魅力をたくさん見つけることができています。

悩みといえば、目の前にすばらしい光景がたくさん広がりますが、やはりお客様最優先であり、なんと言っても職務中ですので、フォトグラファーとしての自分は抑えなければならないことくらいでしょうか。

明日から最後のツアーに帯同させていただき、アンカレッジで同ツアーのお客様をお見送りしたら、この夏のアラスカライフは終わりとなります。右も左もわからない中バタバタと駆け足で過ごしてきた1ヶ月でしたが、いい経験になりました。上記の通り、フォトグラファーとしての自分は抑えつつも、空いた時間や、お客様に許していただきながら撮った「夏のアラスカ」写真がたくさん集まりました。ギャラリーで発表できる一枚が撮れたかどうかは今はまだわかりませんが、このブログで今月後半からぼちぼち紹介していければいいなと思っております。

シアトルに帰ったら、ギャラリーで使いたい「動画」の撮影で一度レーニア山の方は行きたいなと思っていますが、今月末か10月初旬ごろにはまた大阪に帰り、ギャラリーに出る予定です。帰国予定はこのブログやHP、Twitterなどでご案内いたしますので、また良かったらギャラリーの方にも遊びに来ていただけたら幸いです。

ちなみに、冬のアラスカを探索した撮影記は「こちらのアラスカタグ」からご覧ください。





"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?このエントリーがためになったなーとか、面白かったなーって思ったり、何か感じていただけたら、下の応援ボタンを「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2012-09-11 09:15 | Something Else


<< Lake Blonco 3 Lake Blonco 2 >>