Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Lake Blonco 2
前回の続き、レイク・ブロンコ(Lake Blonco)を目指すトレイリングの様子をお伝えしたいと思う。

ボクは山に入る時、いつも標高が計測できる腕時計を持って上るのだけれど、今回のトレイルは急なのぼりが予定されていたので、のぼり具合をより正確に知りながら進みたいと思ったため、いつもはバッグにつけているところを、今回は腕につけてスタートした。
a0190559_1528059.jpg
675m、まだまだ100mちょっとしか登っていないけれど、登りが急になり始めるのはこの後くらいだったので、お昼をさっさと食べておくことにした。
a0190559_152831.jpg
サンドイッチを作ってきてましたよっと。あまり食べ過ぎると続きの登りでお腹痛くなることがあるので、サンドイッチ一個だけで済ませる。





食べた後、すぐに高配が激しいエリアに入った。

傾斜がきついため、斜めにジグザグジグザグ登っていくのだけれど、それでも結構きつく感じる道だったので、残念ながらカメラはバッグにしまい、撮影は一切することなく、無心で登っていった。景色も森の中だからそんなに楽しくない(笑)のでそれで良かったのだけど、ブログに使う画像がないって言う(笑)。
a0190559_15281299.jpg
1時間くらいがんばって登ったら、少し平らなところに出た。木が邪魔をしなくなったので、パノラマショットを一枚。
a0190559_1528695.jpg
空が見えると気持ちいい。と、目前に早速雪が待っていた。氷が張った湖。
a0190559_1528473.jpg
この地点で、1190m。後で書くけど、この画像見る度切なくなる。。。
a0190559_1529586.jpg
雪の上を歩いたった!
a0190559_1528765.jpg
この旅で一番高い地点、1,375m地点を通って、、、
a0190559_15281167.jpg
雪の向こうに見えた!


次回、レイク・ブロンコの写真を紹介します!お楽しみに。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?このエントリーがためになったなーとか、面白かったなーって思ったり、何か感じていただけたら、下の応援ボタンを「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2012-09-09 14:01 | Field Log


<< アラスカ滞在もいよいよ終盤に入... Lake Blonco -1- >>