Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska [29] - Day 6: Arctic Circle -7- 【Sleding! part 2】
[本エントリーは加筆修正済みですが、旧ブログより移植したエントリーです。]


まだまだ続くアラスカ旅行記・北極圏への旅シリーズ。今回は、前回紹介したソリ遊び第一話の続きを紹介します。

風景目的ではなく、ソリ遊びのために立ち止まった北極圏への道での小休憩。前回のエントリーでは景色中心に紹介したけれど、今回はソリ遊びの様子や、ソリ後に雪にまみれてもタフネスな「K-7(リンク先は旧ブログ)の様子を紹介したいと思いう。

全ては単純明快。前回、「K-7」で上からのショットを数枚紹介したけれど、それらを撮った後、「K-7」は首からかけたまま、、、

c0080101_1756746.jpg


「あひゃああぁぁぁあっぁあぁぁあぁあっぁ〜〜〜!!!!!!!!」

c0080101_17562637.jpg

ブザッパァアァァァアァア!!!!!






皆さん何回かやるもんだと思ってたから、上でパシャパシャやってたら、自分待ち状態になったので、若干焦って何も思わず滑ったのだけど、思ったより急斜面で(ちゃんと意識して見ていたならわかったレベル)、かんなりの高スピードで滑ったというより落ちて行った感じだった。停まろうと足を出したから、雪がずばーーーってなって、自分もカメラも雪まみれ(↓)。

c0080101_1821488.jpg
まぁ、タフネス「K-7」は粉雪が降り掛かったくらいではどうってことがないのだけど、自分も最初の写真を見てもらったらわかる通り実は準備万端で、ゴーグルまで装備していたから、カメラ共々無事だったので良かった。というか、無事だったのをいいことに?せっかくだから、もっと「K-7」はを雪まみれにしてやろうかという気になってしまって、、、、

c0080101_1865740.jpg
半分、埋めてしまいました。

でも、それでもまだ頑張れるだろうと思って、、、、



c0080101_1882541.jpg
上からさらに雪を振りかけてやった。


無駄にいじめられた「K-7」だけど、タフネスの確認がとれて良かった(笑)。残り少なくなってきたアラスカ旅行だけど、極寒のアラスカでの活躍を期待出来る信頼を勝ち取ったのだった(笑)(笑)。


次回は、完全に凍った大河、ユーコン川での撮影記を紹介したいと思う。

「Alaska [30] - Day 6: Arctic Circle -8- 【Yukon River part 1】」続く→→→



*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。
*Photos by PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM, RAW proceeded with Aperture 3.


"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?何か感じていただけたら、「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2010-08-26 18:11 | Travel Log


<< Alaska [30] - D... Alaska [28] - D... >>