Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Project LMG [5] - ギャラリーオープンまで -
ギャラリーオープンまでの道のり、最終回です。

前回までにご紹介したお話しで業者さんに頼んだ改装は終わりました。ここからは自分で細かいところをいろいろと頑張りました。やはり一番苦労したのは照明ですが、効果的な写真の見せ方が難しく、また、限られたスペースにどのようにレイアウトするかということも色々と悩みました。

a0190559_445528.jpg
壁に釘を打つと、レイアウトを変える時に色々と困ると思ったため、吊り式を採用しましたが、これもなかなか難しい!完全に外光を遮断したギャラリーではないため、昼間と日が暮れた後とでは見え方が違ったりする点など色々と考えることが多かったです。

去年からこだわって制作を始めたキャンバスプリントの最新作もイメージ通りに飾れました。この作品は是非現場に見にきていただきたい!
a0190559_451199.jpg



a0190559_445818.jpg
手頃に作品を持って帰っていただきたいという思いで制作を始めたポストカードはこんな感じで設置しました。

a0190559_45754.jpg
それぞれの作品に関する撮影秘話や、被写体情報などをまとめた図録を作成し、ボクが現場にいなくてもスタッフさんが詳しく説明できるように準備。

a0190559_451095.jpg
ちょっとした大工作業もやりました。

a0190559_45563.jpg
最初の写真からもうちょっと左側を見たらこうなってます。


a0190559_451490.jpg
こちらが外観です。外観は原則いじっていませんので、且つて両親がお店を始めた時のデザイン・イメージのままでペンキだけ塗り直した感じです。ギャラリーがうまく回れば少し外観もいじれたらいいなとは思っていますが、現行こういう感じで行きます。

a0190559_451712.jpg
最後に、ギャラリー内観をパノラマ合成した一枚をどうぞ。右側がギャラリースペースとしてこういった感じで展示を行い、左側にはアメリカ民家の居間をイメージしたリラックス/カフェスペースを設けています。お越しになった方が気軽にゆっくりしていっていただけることを目指してこういう形に致しました。


さてさて、こんな感じでギャラリーオープン記とさせていただきますが、いかがだったでしょうか?

去年は本当に少ない機会しか撮影に出られていないので、このギャラリーの運営もありますが、今年はもっと撮影したいなと思います。そしてここでもっと紹介できればと思いますので気にして下さっている方は、乞うご期待ということで。

去年の数少ない撮影記、時間があればすこしずつ紹介していければとは思っております。




div align=right>*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?何か感じていただけたら、「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2012-04-30 04:17 | Something Else


<< Mt. Rainier Nat... Project LMG [4]... >>