Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Arizona [5] - Sedona -II- Cathedral Rock (1)
今年1月に訪れた、アリゾナ州での撮影記。前回のエントリーで、(やっと)セドナ」入りし、簡単な紹介を済ませましたが、シリーズ第5回の今回、いよいよ、本格的にセドナでのエピソードの紹介を始めたいと思います!

前回は、具体的な地名を紹介しませんでしたが、この日最初に向かったアクティビティースポットは、「キャセドラル・ロック (Cathedral Rock)」wildsedona.comというサイトにここの情報がまとまって載ってます)という場所です。特徴は、細長い岩が何本か天に伸びる感じの集合体。レンジャーステーションで得た情報によると、トレイルヘッド(駐車場/トレイルの入口)から往復で2時間というこのコース。日帰りという日程的に、2時間というのは少し長いな、どうしようかな、と思っていました。
a0190559_7285267.jpg
トレイルヘッドにて車を降りて撮影した一枚。見ての通り、思ったより、岩地帯に近づけた(道が続いていた)ため、“2時間”というのは間違いだと思いました。間違いじゃなかったとしても、のんびり“ハイキング気分”で散策した場合の時間であり、ボクが普段こういう場所で歩くスピードだったら、もっと短いだろうという予想が立ちました。

ということで、(ほんとうに)気軽な装備でトレイル入りすることにしました。この時点で11時15分くらいだったので、本来ならお弁当(サンドイッチ)を持って行って、見晴らしの良いスポットで食べる感じが考えられたのですが、すぐに行って帰って来られるだろうという予想から、食べ物も持たずに車を後にしました。

その気軽で、甘かった予想が大変な勘違いと気がつくのは、結構後のことでした。。。






トレイルというのは、だいたい、ぱっと見てわかる「道」があります。人工的に人が歩ける道が用意されていて、むやみに植物が踏まれたり、来場者が迷ったりしない様にしているのは、当然わかることです。しかし、ここにはしょっぱなからその様な「道」が見当たりませんでした。

a0190559_74659.jpg
しょっぱなから、岩&水たまりという感じの場面に出くわし、『ここは、本当に合ってるのか?』とか思っちゃったけれど、目の前に岩山があるので、とりあえずその方向に進むしかなく。。

a0190559_746699.jpg
道っぽい開かれた場所を進んでみたら、木が倒れてて、引き続き、『ここで合ってるんよね?』と自問自答。とりあえず、この木もまたいで先に進みました。

a0190559_746115.jpg
やっと“それらしい”場所に出ました。目の前の岩山を目指している様な、「道」。少し安心して、その「道」を辿ります。わずかに上っていますが、非常に、なだらかで、『このコースで往復2時間は、やっぱり間違いだね』と思わされました。気温は上がって来ましたが、カラッとしていて、とても心地の良い気候で、やっぱり自然の中で歩くのっていいな、とかこのときは楽勝モードでした。

a0190559_7461121.jpg
『ん?』


すぐに様子が変わって来ました。傾斜が急になり、フラットだった道が、ガタガタ、というか、石だらけな様相に。しかし、周囲は植物が生えていることから、どう見ても、これが「道」です。上の写真でもわかっていただける通り、その先には、岩山も“ちゃんと”あります。間違いなく、ここを登る感じみたいです。

まぁ、でも、これくらいの傾斜はこれまで何度も登っています。それも、もっともっと沢山の荷物を背負って。ですので、そんなにビビる様な対象では、ありません。張り切って、「道」を進みました。『それにしても、どこまでも赤い大地だな』、とか思いながら。

a0190559_7461493.jpg
しばらく登った後、フラットな場所に出て来ました。


この一枚は、撮り方を工夫してこういう印象的な一枚になっていますが、周囲の岩山がパノラマで見渡せるイイ感じのポイントで、『あーーー、昼ご飯持って来てたらここで食べたかったなーー』という感じのナイスなピクニックスポットでした。

a0190559_7461511.jpg
岩山も、結構近くなった様に見えます。最初の一枚が29mm、こちらが50mmでの撮影のため、見え方に差があるのは当然ですが、大体10分歩いていますので、それなりに近づいています。

a0190559_7461960.jpg
しばらく休憩を兼ねてこのポイントで色々撮影を続けました。近づいて見ても、赤い大地、岩が不思議です。パワー的なものは全く感じませんでしたけど(笑)。

a0190559_7462171.jpg
この辺りでは、縦構図が多くなっていますね。
a0190559_816283.jpg
見渡しが本当に素晴らしい。



*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。
1) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 29mm, f/9, 1/200s, ISO200, -0.3EV, AWB, Reversal, Av Mode, JPEG.
2) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 31mm, f/8, 1/250s, ISO200, -0.3EV, AWB, Reversal, Av Mode, JPEG.
3) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 50mm, f/8, 1/250s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
4) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 16mm, f/8, 1/160s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
5) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 16mm, f/8, 1/160s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
6) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 16mm, f/8, 1/320s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
7) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 50mm, f/8, 1/160s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
8) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 34mm, f/8, 1/250s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
9) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 16mm, f/8, 1/400s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
10) PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: 50mm, f/8, 1/400s, ISO200, -0.0EV, AWB, Reversal, M Mode, JPEG.
*All Photos finished with Photoshop CS4.


"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?何か感じていただけたら、「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2011-05-14 23:53 | Field Log


<< Arizona [6] - S... Arizona [4] - S... >>