Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Death Valley [1] - Dawn -
昨年12月に、Death Valley National Parkデスバレー国立公園)に行って来ました!

アメリカで行っておかなくてはならない国立公園トップ5に余裕で入る公園ですが、同公園は、かのスーパーエンターテイメント都市Las Vegasラスベガス)から車で行ける距離にあるのです。ということで、今回は、「べガス+デスバレーの旅!」にしてみました!!!

べガスに入って初日と2日目はべガス的な楽しみを満喫し、3日目にレンタカーして、デスバレー国立公園に行って来ました。ホテルを5時半頃に出て、レンタカーを借りに行く所から一日が始まりました。地味に遠いレンタカーセンターへの道のりと、諸手続きだらなんだらで、真っ暗な中ホテルから出たのに、ほぼ夜明け前に車をスタートさせる事ができました。

a0190559_5423171.jpg
夜が明けると共に、べガスを包む岩山が赤く染まり始める。この時間から出動していなければ観られない美しい光景にココロが弾む♪(上記写真はかなーーり現場で観た色を忠実に再現しています)

a0190559_542436.jpg
乾いた大地を感じさせる光景が続きます。







a0190559_542553.jpg
だんだん空が明けて来ました。

a0190559_543268.jpg
東の丘の向こうから太陽も出て来ました。

a0190559_5434615.jpg
次第に岩肌の色が赤から黄色に近い色に変わって行きます。

a0190559_544060.jpg
朝からそれなりに高い丘の上まで登って来たのでちょっと疲れましたが、いい眺め。

a0190559_5441033.jpg
積年の地層がとても面白いです。

a0190559_5491989.jpg
太陽が昇り始めたところなので、まだまだ遠くの山脈は霞んでいます。

a0190559_548405.jpg
遠くにラスベガスの一体がぽつんと浮かんでいる光景も面白かったです。



本当はデスバレーとの中間地点に出て来るちょっとした街で給油、朝食でピットインする以外は突っ走る予定だったのだけれど、朝焼けがどうしても撮りたくなったので、車を停めてこれらの写真を撮影しました。朝っぱらから丘を登ったので結構出足から疲れることしてしまってるなーと思いながらも、美しい光景が撮影できて満足満足。

ボクのいけない癖ですが、車で撮影に出るとき、こうして必ず目的地以前で長く停まっては撮影、という事をやってしまいます。撮影大好きだし、楽しいからいいのだけど、いつも現地での時間が減ってしまうので、タイムマネージメントをもう少し考えながらやらないとなと思います。


それでは次回こそ、リアルデスバレーの光景をお伝えしますので、お楽しみに!

*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。
*Photos by PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM(1-6)/DAL 55-300mm ED(7-9), JPEG. Finished with Photoshop CS4.


"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?何か感じていただけたら、「ポチ」、そしてコメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2011-02-22 00:02 | Field Log


<< Death Valley [2... [Photo of the W... >>