Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

タグ:Travel ( 23 ) タグの人気記事
Alaska 2012 [17] - Tour 3: Alaska Railroad - TWT.
前日の氷河クルーズを終え、アンカレッジを後にします。恒例のアラスカ鉄道でデナリ国立公園まで移動します。
a0190559_1429633.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (34mm/0.7EV/F11), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

この日も生憎の曇り空。せっかくのドーム展望車両だけど、仕方ないですね。でも、前回通った時(1/2)から時間が経過し、周りの山に雪が降っているのが新鮮でした。
a0190559_14292938.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm/0.3EV/F5), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

そして、紅葉が広がっていました。アラスカの紅葉は、黄色が多いです。




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2013-02-04 13:22 | Travel Log
Alaska 2012 [15] - Tour 2: Alaska Railroad -2nd Trip-
アラスカ旅行記、ツアー2本目は、オーロラ2ナイトとアラスカ鉄道での移動からの豪華客船クルーズというプランだったため、あまりご紹介するお写真がありません。最初の2ナイトのオーロラ用の日程が、ザンザン降りだったんですね(笑)。

ということで、このツアー2は、2回目のアラスカ鉄道の旅で撮った写真をご紹介したいと思います。天気はパッとしなかったので眠たい?というのかな?写真が多いですが、アラスカ鉄道の旅を少しでも感じていただけたら嬉しいです。

a0190559_200171.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm, 1/250, f5, ISO200), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
前回通った時から少し経ち、さらに紅葉が進んでいる。
a0190559_19434980.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (16mm, 1/200, f5, ISO200), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
アンカレッジからフェアバンクスまで一本しかない道と、鉄道が所々で交差する。大自然の中にコンクリートの違和感。。。というほど浮いてもないのがいい。
a0190559_19435329.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm, 1/400, f5, ISO320), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]
デナリ国立公園に入った。今回は通過するけど、これが多くの観光客が泊まるプリセスとシャレーリゾート。奥には、こちらのエントリーでも紹介した商店の並びが見える。


ブログランキングに参加しています。更新のやる気になるので読んでいただいたら、→→→クリック←←←願いします!!



続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-12-11 22:35 | Travel Log
Alaska 2012 [3] - Tour 1: Day 2 - Glacier Cruise I.
前回のエントリー分からご紹介が始まったアラスカ第一本目のツアー。一日目は、豪華なリゾートホテルに滞在しました。今回紹介する二日目は、アラスカと言えば!で、2番目か3番目にくるだろう、「氷河」を見に行く一日です。曇り/雨な天気でしたが、楽しく巡った氷河クルーズの様子をお伝えします。

アリエスカ(Alyeska)から、クルーズの乗り場までは1時間ちょっと。途中で氷河の見えるスポットや、上って来たサーモンが見られるところなんかに立ち寄りつつ港に向かった。
a0190559_17135841.jpg
[ PENTAX K-7 + DA L55-300mm ED, RAW ] 山の上に広がる氷河。他の 万年雪と異なり、青く見えるのが特徴(そう見える理由は前回のエントリーで解説済みなのでそちらを参照あれ)。さりげないけど、その青さを見つけると、「おお!青い!」と誰もが思うもの。
a0190559_17192182.jpg
[ PENTAX K-7 + DA L55-300mm ED, RAW ] こちらも上の部分が氷河だけど、小雨の影響もあってだろう、岩肌に細い滝が流れている。この一枚は、RAW現像に結構時間をかけた。あまりRAW現像というものをガッツリ勉強したこともない素人丸出し人間なのでどういう風にすると自分の思い通りの方向に仕上がって行くのかということを理解しきれていないと思うけれど、これは結構いい感じに仕上がったかなと思ってる(自己満w)。

氷河クルーズの乗船場所は、ウィッティア(Whittier)という港にあるのだが、そこへ入るには、「アントン・アンダーソン記念トンネル」(Anton Anderson Memorial Tunnel)というトンネルを通らなくてはならない。このトンネル、持ち主はアラスカ鉄道(Alaska Railroad)で、一時間の内30分間車の往来に使える様にしてくれている。この件に関しては、ツアー2か3の回でさらに詳しくご紹介したいと思う。



続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-10-16 18:52 | Travel Log
Alaska [42] - 総括 から 次のアラスカ の話
40回以上に渡ってお伝えしたアラスカ旅行記。途中、エントリーすることを中断して完結まで時間がかかってしまったけれど、どうだったでしょうか?ボクの写真ライフにおいてなかなか壮大な旅だったので、お伝えしたいこともたくさんあり、長くなりましたが、楽しんでいただけてたなら幸いだ。

旅行に行く前、アラスカは日本で言うと北海道の様なイメージがあった。アメリカ本土から少し離れている広大な大地で、ネットショッピングでも日本でよく見る「北海道・沖縄・その他離島」の扱いと同じく送料が大幅に高かったり、お届け出来ない場合があるなど少し似た感覚を持ちやすい場所だった。もちろん、極寒のイメージがあるのもかぶっているので、北海道とイメージがかぶっていた。

実際に行ってみるとそのイメージは変わった。行った場所が小さな街だったというのもあるけど、大自然の中にあるギリギリ人が住んでいる場所というイメージがあった。

この旅行では冬期(3月だけど)で、常にマイナス温度の時期だったわけだが、今度機会があれば豊かな自然が青い意味で語られる夏期にも行けたらいいなと思う。

冬期は厳しい寒さと白い世界が印象的なアラスカの地、夏にはたくさんの自然を愛する人たちが訪れ、木々や山々、川や滝、野生動物たちの姿を楽しむのだろう。ワシントン州の大自然もすばらしく、毎年楽しく撮影しているわけだが、冬期とは全く違った様子を見せるというアラスカの夏、また行ってみたいと思っていた。

そんなおり、機会があってこの度1ヶ月、アラスカでお仕事させていただくことになった!

ガイド業で具体的にどのようなお仕事をさせていただくのかわからないけれど、時間が空いた時には夏のアラスカに旅に出るのは自由ということだし、ガイドで案内させていただくところも大自然が多いと思うから、そりゃあ仕事中に自分勝手に写真を撮りまくるということは出来ないけれど、この目だたくさんの素晴らしい自然を見て、体でそれらを感じて、楽しい旅にできたらいいなと思う。

現地では通常使用しているパソコンを持ち歩けないため、ブログで最新情報をお知らせ出来ないかもしれないが、出来るだけたくさんのいい写真を撮って来て、秋口にでも紹介し始められたらいいなと思っているので楽しみにしていただけたら幸いだ。





"ココロに響く1枚"に出会えましたでしょうか?このエントリーがためになったなーとか、面白かったなーって思ったり、何か感じていただけたら、下の応援ボタンを「ポチ」&コメントをいただけたら嬉しいです!
ホームページや連絡先等は下記リンクボタンからどうぞ!


[PR]
by natleo | 2012-08-07 23:47 | Travel Log
Alaska [41] - Day 7: Last minutes.
アラスカ旅行記最終回。

色々巡ったアラスカ旅行も佳境。最後の最後にフェアバンクスを回った色々をとんとんとんと載せて行こうと思う。
a0190559_2343236.jpg
こちらは北米最北端のマクドナルド。
a0190559_23432579.jpg
ホテル向かいにあったボウル屋さん。
a0190559_23435414.jpg
美しいボウルが並ぶ。
a0190559_23435843.jpg
何かすごい工房。




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-08-02 08:29 | Travel Log
Alaska [40] - Day 7: Shooting Around Fairbanks. [Added Movie]
前回まで4回にわたってご紹介したアラスカ大学フェアバンクス校(公式サイト)附属ミュージアム、「Museum of North」を後にして、フェアバンクス周辺を走ってみた。
a0190559_188116.jpg
春先なので川の一部は解けて、水が流れているが、岸に近い部分はまだ雪の下。
a0190559_18381990.jpg
岸の方には雪の上に乗っかってしまった様な遊覧船の姿も。

こういう場面でも寒波が来ない限り滅多に雪の降らないシアトルに住む者としては珍しい光景だ。続いて少し車を走らせ、フェアバンクス市街含む広い景色が楽しめる高台に向かった。
a0190559_1818285.jpg
少し曇って来て、空が暗くなって来た。




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-07-25 05:13 | Travel Log
Alaska [39] - Day 7: UAF "Museum of North" -4-
前回まで3回に渡りお伝えした、アラスカ大学フェアバンクス校(公式サイト)附属ミュージアム、「Museum of North」ですが、今回は最後に「オーロラの音」が聞こえる部屋のご紹介と、大学その他の風景を紹介して終わりたいと思う。
a0190559_12264949.jpg
こんな感じの白を基調にした薄暗い部屋にベンチがポツンと置いてあり、そこに座って、「オーロラの音」を聴ける様になっている。この時ちょうど誰もいなかったので、テレビから流れる砂嵐ノイズの様な少しザラザラした音が静かに流れていた。
a0190559_1226533.jpg
「オーロラの音」が出る元?という印象のパネル。青い光が美しいが、オーロラをイメージするライティングなだけで音声自体は天井のスピーカーから出て来る様だった。

そして肝心の「オーロラの音」

正直よくわからなかった(笑)

ノイズの並が来たかな?という感じのそれが、オーロラの揺らぎの音らしかったのだけれど、動物の鳴き声の様なはっきりとわかるものではなく。しーーんと耳を傾けていると、なんとなーーーく揺らいでいるオーロラをイメージ出来る様なノイズのゆらぎを聞き取れる感じだった。

なんとなく、レベルの高い世界を楽しんで、一通り見終わったので、ギフトショップでマンモスの化石からつくったアクセサリーを母にお土産で買うなどして、ミュージアムを後にした。



続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-07-21 17:52 | Travel Log
Alaska [38] - Day 7: UAF "Museum of North" -3-
アラスカ旅行記完結編。前回に続きアラスカ大学フェアバンクス校(公式サイト)附属ミュージアム、「Museum of North」を紹介中。第三回の今回は、2階部分の展示をご紹介したいと思う。
a0190559_11564194.jpg
ひろい吹き抜け部分の階段を昇って2階へ。やはり白基調のデザインが綺麗。
a0190559_11531262.jpg
ボクもこれくらいの規模のギャラリーを持ちたいな、と思ってしまう。
a0190559_1223741.jpg

a0190559_1244077.jpg
二階に上がってすぐの部分。こういうフリースペースがあるのもいい。




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-07-10 12:14 | Travel Log
Alaska [37] - Day 7: UAF "Museum of North" -2-
アラスカ旅行記完結編。アラスカ大学フェアバンクス校(公式サイト)附属ミュージアム、「Museum of North」のお話第二回。前回のエントリーで紹介した様に、白を基調とした綺麗な建物にアラスカの地を学べる色々な展示がなされている。今回は、動物たちの剥製や原住民の生活を紹介するものなどが飾られているエリアを紹介しようと思う。
a0190559_147359.jpg

a0190559_1352698.jpg
入り口部分に待ち構えるのは大きな熊の剥製。くまのプーさんみたいにかわいくはない(笑)。
a0190559_1474993.jpg


巨大なマンモスの骨。



続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-07-05 01:52 | Travel Log
Alaska [36] - Day 7: UAF "Museum of North" -1-
2010年3月に行ったアラスカ撮影旅行。これまで35回の投稿で紹介して来たが、北極圏への旅シリーズを最後に投稿するのをサボっていて、完結していなかったので今日から数回に分けてアラスカ最後の日のエピソードを紹介したいと思う。
*見たこと無い方はよかったらこちらから読んでみて下さい!

最終日、夕方には飛行機に乗らないといけないため、遠出はしないことにした。フェアバンクスにはそんなにたくさん何かがあるわけでも無かったのだけど、アラスカ大学フェアバンクス校(Universty of Alaska Fairbanks)があり、そこでは熱心にオーロラの研究がなされており、また、北の大地に生息する動物たちや原住民たちの暮らしなどを紹介する附属博物館があるため、行ってみたかった。

a0190559_1194766.jpg
「カマクラ」の様な白い建物が特徴的で目を引いた。
a0190559_1141261.jpg




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2012-06-29 12:05 | Travel Log