Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

タグ:California ( 5 ) タグの人気記事
Death Valley [5] - Artist's Drive, Palette and More -
これまで四回にかけてデスバレー国立公園Death Valley National Park)に旅したときのお話を紹介して来ましたが、シリーズも今回で最終回となります。日帰りでしたが、朝5時にホテルを出たので、本当に長い一日でした。

*デスバレーの話、過去ログはこちら→([1] Dawn, [2] Entering the Valley, [3] Sand Dunes, [4] Badwater


さて、最終回の今回は、前回の「バッドウォーター」からの帰り道に立ち寄った、「アーティスツ・ドライブ」、「アーティスツ・パレット」(Artist's Drive, Palette)の様子からお伝えしようと思います。

a0190559_1041981.jpgここに来て初めて触れることですが、13,518平方キロメートルという広さを誇るデスバレー国立公園は、アメリカの国立公園として最っとも広く、今回の訪問では朝早くから巡りましたが、ほんの一部分しか観られませんでした。参考までに、右の公園全体の地図をご覧下さい。前回紹介したバッドウォーターから今回紹介する「アーティスツ〜」エリアをハイライトしています。(クリックすると大きくなります)

同公園は、主にカリフォルニア州に広がっていますが、今回ボクはネバダ側から入りました。公園レンジャーにこちらエリアでのお勧めスポットとして勧められたのは、前々回の「砂丘」前回の「バッドウォーター」、そして、この「アーティスツ・ドライブ」、「アーティスツ・パレット」の3カ所だったので、ここで一応コンプリートとなりました。

a0190559_9305791.gif左がハイライト部を拡大した地図です。

下の方に「バッドウォーターがあり、帰り道である赤い道を北に走る途中に「Artists Drive」と書かれたループルートがあるのがあるのがわかるでしょうか?(このルートは南側からしか入れない一方通行のため、来しなはスルーし、「バッドウォーター」に直行しました)

先のエントリーで書いた通り、この一体の岩肌は色とりどりで、画家が絵を描くときに色々な絵の具がのるパレットの様だ、という文字通りの理由で「アーティスツ・パレット」と呼ばれるエリアを見て回る、「アーティスツ・ドライブ」という美しいドライブルートです。

a0190559_855787.jpg
魅惑の大地に伸びる一本の道




引き続き8枚の写真2本の動画は続きから --->
[PR]
by natleo | 2011-03-04 12:10 | Field Log
Death Valley [4] - Badwater -
デスバレー国立公園Death Valley National Park)に旅したときのお話を紹介しているシリーズ、第四弾。今回は、現地レンジャーさんが一番お勧めしてくれた、「バッドウォーター」(Badwater)というスポットに行ったお話。

*デスバレーの話、過去ログはこちら→([1] Dawn, [2] Entering the Valley, [3] Sand Dunes


a0190559_6134361.jpg
こちらの一枚は、「バッドウォーター」へ移動中に撮った物。この時点で午後1時過ぎだったけど、月が出てて、赤い岩(山?)肌といい感じでコラボしていたのが美しくて、これまた車を停めて激写。

映画「スターウォーズ」(Star Wars)に出て来る“タトゥイーン”(Tatooine)みたいな感じで、フォトショップで月を増やしてやりたい気持ちになりますね。

さらに9枚の写真含むBadwaterのお話しは続きから --->
[PR]
by natleo | 2011-03-02 06:44 | Field Log
Death Valley [3] - Sand Dunes -
前回のエントリーで紹介を始めたデスバレー国立公園Death Valley NP)に出かけた時のエピソード、今回はSand Dunes、つまり砂丘に立ち寄ったお話しを紹介したいと思います。

デスバレー国立公園内にはいくつかの砂丘があります(Sand Dunesのページを確認)が、その中で最大という、Mesquite Flat Dunes(モスキート・フラット砂丘)に行きました。

デスバレー国立公園の公式ページによると、この砂丘は、"ONLY"100フィート(30m)の高低差しかなく(これは低いとされる)、それが恐らく同砂丘の名称に"FLAT"というミドルネームが与えられている理由だろうと思いますが、とにかく、メイン車道からすぐ入れることと相まって、全国の国立公園の中でも最も訪れ易い砂丘のひとつということです。ただし砂丘自体は広大で、3つのタイプからなるそう(crescent, linear, and star shapedと書いているけど、どういう違いかいまいちわかりません。。)です。そんな話は当初知らぬまま、とりあえず、「わーーーー砂漠だーーーー」って感じの軽いノリで立ち寄りました。

a0190559_97828.jpg
入り口付近にあった樹。写真では伝わりにくいかもしれないけれど、何か、「門」(ゲート)っぽい感じがしました。残念ながら(?)この辺は駐車場からすぐのエリアなので、人の足跡がいっぱいで、“それっぽい”写真を撮るためにはもっともっと奥までいかなくてはなりませんでした。

9枚の写真含む砂丘でのお話しが続きます --->
[PR]
by natleo | 2011-02-26 11:27 | Field Log
Death Valley [2] - Entering the Valley -
前回のエントリーでは、厳密にはデスバレー国立公園Death Valley NP)をご紹介していませんでした(同地へ向かう途中の光景です)が、今回はしっかり紹介したいと思います。
a0190559_5595443.jpg
ラスベガスLas Vegas)から車で走ること3時間。デスバレー国立公園の入り口を発見しました!当然車を停めて記念撮影をするわけですが、ここに到達するまでに何度停車したことか(笑)という感じだったので、ささっと撮影して、園内に入ります。ただ、「園内に入る」と言っても、ここはだだっぴろい場所です。Wikiってみると、13,518.16 平方キロメートルという公園の広さは、日本の長野県とほぼ同じ広さだと書かれています。長野の広さを“体感”したことはありませんが、日本で4番目に面積の大きな県ですから、それを考えると、デスバレー国立公園がいかにデカいか、なんとなくわかりそうです。

a0190559_62294.jpg
前回も少し触れましたが、このあたりの丘、山、は地層がハッキリ出ている模様をしていて、とても興味深いのです。公園内に入ったということもありましたので、またまた車を停め、測道からすぐの所にある岩肌に近づいてみました。この岩は白っぽいですが、そんな中にも確かにレイヤー(層)が見えています。

さらに5枚の写真含むエピソードの続きはこちらから --->
[PR]
by natleo | 2011-02-23 06:39 | Field Log
[Photo of the Week] "The Symbol" - デジキャパ2月号佳作作品
体調を崩しており、先週の「Photo of the Week」をポストできずにおりましたが、学研の「デジキャパ!」2月号で佳作っていたらしいので、その一枚を先週分として載せさせていただこうと思います。



a0190559_17462493.jpg
「The Symbol」


“象徴”と名前を付けた一枚は、1年とちょっと前にサンフランシスコにて撮影しました。


「Photo of the Week ってなに?」と思った方は、こちらをご覧下さい。


写真に関する説明などは続きから! --->
[PR]
by natleo | 2011-02-02 18:14 | Photo of the Week