Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

ALASKA [3] - Day 2: Granite Tors Trail.
[本エントリーは加筆修正済みですが、旧ブログより移植したエントリーです。]


アラスカ二日目。

前回のエントリーでは、車を借りて雪国らしい景色の中を走る様子などをお伝えしたが、今回は、実際に雪のトレイルを歩いた時の様子を紹介したいと思う。

この日は実は、フェアバンクス(Fairbanks)から100kmほど東にある、Chena温泉へ向かって走っていたのだけれど、Chena hot spring roadという道はその名の通り、この温泉に行くためだけに通っている様な道で、途中に何か立ち寄る場所があるという想定ではなかった。

ところが道を走っていると、道の両側に結構頻繁にレクレーションエリアを示す看板が立っていて、それらの殆どは、看板自体がそもそも雪に埋もれている感じで、冬に使われる事を想定している場所では無かったものの、中には、車が通った後のあるものがいくつかあり、そのひとつに入ってみることにした。

c0080101_18233976.jpg
立ち寄ったトレイルの名前は、「Granite Tors Trail」という1周15ml(約24km)のループトレイルがあるレクレーションエリア。当然雪に覆われているわけだが、何本もの車の後があり、冬のアウトドアアクティビティ、スノーシューイングやクロスカントリーなどをやりに来た人がいるのかもしれない。ただ、看板には夜営禁止とあり、冬期間はキャンプ等禁止の様だった。



続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2010-04-09 22:42 | Travel Log
ALASKA [2] - Day 2: The Road Trip.
[本エントリーは加筆修正済みですが、旧ブログより移植したエントリーです。]


アラスカ二日目。

初日はホテルにチェックインしてすぐ外に出たが、フェアバンクス(Fairbanks)に到着したのが遅かったことや、乗り継ぎに時間がかかって疲労感を感じていたこともあり、軽くホテル近郊を探索するだけにした。明るいウチにその寒さを感じておくという目的もあったが、ホテルの近くに何があるかも知りたかった。ホテルの近くには、シアトルでも馴染みのあるショッピングセンターがあり、そこで夕食を買ったが、それ以外は特に何もせずすぐにホテルに戻った。

疲労感は間違った感覚ではなく、本当に疲れていたのだろう、21時頃には眠たくなって22時までには眠りに入ったと思う。

翌朝、ホテルには朝バイキングが付いているのだけど、それをGETするため、寝ても寝足りない中頑張って起きてサービス時間内(9時まで)にブレックファーストコーナーに向かった。のっそりのっそりたどり着いたが、なかなかいい感じの朝ご飯を食べられた。頑張って良かった(笑)

その後、まだまだ眠さは感じていた物の、時間は限られているのだ!昼前には空港にてレンタカーを拾い、そのままロードトリップに向かった!
c0080101_645358.jpg
こいつが今回の車。ちょこっと厳ついルックスだけど、SUVではない。4WDでもない。でもハッチバックで良かった。

この一枚を見て、「あれ?」という点にすぐに気がついた人は鋭い洞察力を持っているかも。



続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2010-04-05 21:28 | Travel Log
ALASKA [1] - Day 1: Alaska From the Sky.
[本エントリーは加筆修正済みですが、旧ブログより移植したエントリーです。]


念願のALASKA旅行記、はじめます!結構たくさん記事を書く事になると思いますが、飽きずに最後まで読んで下さいね!ボクも頑張って出来るだけあの感動が伝わる様な記事を書きたいと思います!

****************************************

今回の旅には合計29GBのSDカードを持って行った。これで“充分”とは思っていなかったものの、全然足りないくらいのショットを撮ることになった(もちろん内20-30%は後々削除する“ボツ”写真なわけだけど)

ということで、これから一体何回で紹介し終わるかわからないけれど、まずはその膨大な写真の中から、“アラスカ入り”の時に撮った、北米大陸最大の山、デナリDenali/Mt. McKinley)をはじめ、広大なアラスカの大地を空から撮った写真をいくつか紹介しようと思う。


c0080101_11523274.jpg
濃い雲に覆い隠されたDenali山頂。神々しさすら感じさせる。


夏期でもその全貌を見ることは難しいと言われているこの山は、実は世界最高峰であるエヴェレスト山(Mt. Everest)よりも大きな山体と比高を持っている。エヴェレスト山の標高が世界一であるのは確かながら、これは同山が立つチベット高原が既に高標高に位置するためで、山それ自体の大きさはデナリの方が大きく、エヴェレストの山自体の比高は3,700m程度なのである。



続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2010-03-24 12:09 | Travel Log