Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska 2012 [17] - Tour 3: Alaska Railroad - TWT.
前日の氷河クルーズを終え、アンカレッジを後にします。恒例のアラスカ鉄道でデナリ国立公園まで移動します。
a0190559_1429633.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (34mm/0.7EV/F11), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

この日も生憎の曇り空。せっかくのドーム展望車両だけど、仕方ないですね。でも、前回通った時(1/2)から時間が経過し、周りの山に雪が降っているのが新鮮でした。
a0190559_14292938.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (50mm/0.3EV/F5), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

そして、紅葉が広がっていました。アラスカの紅葉は、黄色が多いです。




続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2013-02-04 13:22 | Travel Log
PENTAX、“フルサイズは出さなきゃいけない”
インタビュー動画がYouTubeに上がってますね。“フルフレーム”と言っていますが、いわゆる35ミリサイズ版撮像素子搭載のカメラ(DSLRかミラーレスかはわかんない)は、社内のテンションでは出さなきゃならないというムードになっているようです。



ペンタックス愛好家の人はフィールド撮影派の人が多いと思いますが、待てない人はCANON 5D2にとうに流れて、アンチキヤノンだった人でも、D800/D800Eの時に結構流出してると思われます。

また、小型軽量以外のプラスワンがないと訴求できないという話が最後に出ていますが、フィールド撮影向けに開発するとしたら、アストロとレーサー内蔵とか、GPS内蔵は案としては出るんでしょうね。でも、サイズの問題やバッテリー問題で簡単じゃないでしょうから、プラスワンというのは難しそうですね。先行する3社と差別化してニッチなところを攻める作戦でしょう。

フルサイズになると望遠側が弱くなるので、個人的にはAPS-Cフラッグシップ路線(K-5のライン)も堅持して欲しいです。




色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
# by natleo | 2013-02-04 12:50 | Something Else
最新タフネスデジカメ比較・2013年篇
a0190559_13412227.jpg
今日から、日本ではCP+ですね。今回は、そのCP+に向けていくつかのメーカーが新製品を発表した“タフネスデジカメ”の比較をしてみました。

CANON及び富士フイルムの二機種はおよそ1年落ちです。もしかしたら新しい機種が近々発表になるかもしれませんが、一応下記の6メーカーで比較してみました。

WG-III GPS
OLYMPUS TG-2
Panasonic DMC-FT5
NIKON COOLPIX AW110
CANON PowerShot D20
FUJIFILM FinePix XP150

とりあえず防水・防塵・対衝撃等のタフネス機能以外で共通しているのは、レンズが全て「屈曲式」ということと、「光学式手振れ補正」、そして「GPS機能が付いている」という点でしょうか。



続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2013-01-31 08:33 | Something Else