Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

カテゴリ:Something Else( 31 )
PENTAX K-3の情報まとめ
a0190559_12522426.jpg


「K-5 II/IIs」から1年ちょっと、やっぱりこの二機種は“つなぎ”的なポジションだった様で、後継機種が出るみたいです。

ボクは「K-7」を2009年9月に購入したのですが、もう4年も使っていることになり、その間「K-5」が出て、「K-5 II/IIs」が出ても、色々理由を感じてスルーして来ました。が、今回は恐らく、多分、まぁ間違いなく、買うと思います!

ということで、噂のスペックはこんな感じ↓

 - センサーは2400万画素APS-Cセンサー、ローパスレス
 - 画像処理エンジンは新開発のPRIME III
 - ボディ内手ブレ補正は、より高性能な新型のコントローラーと駆動ユニットを採用
 - イメージセンサーを露光中にわずかに動かすことで光学式ローパスフィルターと同じ効果が得られるローパスセレクター機能(効果は強、弱、OFFが選択可能)。
 - アストロトレーサー対応(オプション)
 - AFユニットは新開発のSAFOX11。-3EVに対応。AFに測光センサーの色情報を活用
 - AFの測距点は27点(25点クロス)、中央3点はF2.8の光束に対応
 - 連写は8.3コマ/秒
 - メディアはSDカード(SDXC、UHS-I対応)、デュアルスロット
 - HDR使用時にRAW形式で保存が可能
 - ファインダーは新開発で、光学系を一新。視野率100%、倍率0.95倍
 - ボディは前後と上下にマグネシウム合金を採用。防塵防滴。-10℃の耐寒性能
 - シャッターの耐久性は20万回
 - オプションのFLUCARDでスマートフォンとの連携が可能
 - ボディはブラックとプレミアムシルバーエディション
 - バッテリーグリップはK-3専用のD-BG5

個人的には、連写速度はそんなに気にしないので、上がってても「ふーん」ッという程度ですが、アストロトレーサーはオプションなのかーっていうところが残念なのと、それと連動して、GPSはやっぱり着かないってところが残念ですね。



a0190559_12524780.jpg

まぁしかし、SDカードスロットがデュアル化したり、AFが進化したり、ローパスレスが進化したり、そしてファインダーが大きくなったり、カメラとしてしっかり進化しているので、10万切ったら、「買い」ですね。

来年の夏こそは!!!!

撮りに行きたい!!!!!!!

もっと色んな画像は、こちら↓のブログ記事に載せておきました。
http://blog.leomiyanaga.com/4279 (@ The Log)





色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2013-10-06 23:49 | Something Else
Fremont Fair 2013 Vol.3 - ボディペイントの集団が舞う、ポップでセクシーなパレード
久々に更新が再開したNATLEOですが、今回も前回から引き続き、「Fremont Fair 2013」の様子をお届けします。

今回紹介するのは、シアトル夏の風物詩のひとつとして毎年話題に上るパレードの様子なのですが、このパレード、世間の注目を集めるのにはわけがあるんです。

「SOLSTICE PARADE」と名付けられるこのパレードは、日本語では「夏至パレード」という意味で、年間で最も日が長い日である6月21日付近で行われるこのお祭りにちなんだ名前となっていますが、日が長いことが関係するのかどうか、この「SOLSTICE PARADE」ではなんと、

全裸の集団が自転車にまたがり駆け巡るのです!


連動企画として同じく「Fremont Fair 2013」に関する投稿をしているもうひとつのブログ、「The LOG」の方ではそのパレードや参加者たちについてたくさんの写真とともにコメントを添えていますが、こちら、「NATLEO」では、写真ブログらしく、

“ポートレートとして見たパレード”

という切り口で紹介していこうと思います。

a0190559_16563881.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

前回紹介した通り、K-7にはタムロン90mm一本付けでした。

このレンズ、ポートレート撮影においてボクはかなり信用しているということと、どれくらい近くで撮影できるのか事前にわからなかった都合から選んだのですが、適切な選択でした。

a0190559_16571893.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

やっぱり35mm換算で135mmくらいのこの画角は人を撮るのに適していると感じました。

正直なところ、もーちょっとだけ引いて撮りたいかも?と思った時はあったので、見た目の“ガッツリ感”を緩和する意味でも、「smc PENTAX-DA70mm F2.4 Limited」あたりを持っていたら使いたかったかもーとは思いました。薄いレンズだから威圧感なくていいですよね、こういう時。

「smc PENTAX-DA70mm F2.4 Limited」をAmazonで見る。

a0190559_1654538.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

しかし、こういう表情がハマると「キタッ」ってなっちゃいます。久しぶりに人が撮りたいという気持ちが高まっちゃいました。

a0190559_1744947.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

このパレードの特徴としては、参加者が皆さん満面の笑顔だったということがあげられると思います。

最初、全裸で大衆の前に出て来て恥ずかしくないの????という思いがありましたけれど、彼らの絵がをを見ている(撮っている)と、なんだか来年は自分も参加者側にいたいな、とか一瞬思っちゃったくらい、本当にいい笑顔でした。



続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2013-06-24 23:40 | Something Else
[The LOG連動] Fremont Fair 2013 Vol.2 - ブースを見て回りました
a0190559_17162472.jpg
[ PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME, JPEG (CI=Miyabi/SF=Ademiyabi/DF=none/AWB) ]

The LOGとの連動企画としてはじまった「Fremont Fair 2013」の様子を紹介するシリーズ実質的な第一弾。

造幣局通り抜けの記事以来ご無沙汰しちゃってすみません状態だったこのブログですが、とりあえずこの企画をきっかけにもーちょっと更新頻度をあげていければと思っています。

連動企画という話ですが、どちらのブログもボクが書いていて、運営もしているのでどういう住み分けかというと、こちらでは「写真ブログらしい」視点で記事を書き、The LOGの方ではコンセプトである、"LEO MIYANAGAってこんな人!"が伝わる様な、そしてボクの住む町シアトルを紹介する感じの視点で今回の「Fremont Fair 2013」をお伝えしたいと思っています。

a0190559_17142762.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

この日は本当に、「これこそシアトルの夏!」という感じで、降り注ぐ太陽が心地よく、でも日本の夏の様にジメジメしていて、立っているだけで汗をかきそうなそんな感じじゃない。

夏で暑いのに、気持ちいい!という感じの一日でした。

a0190559_17152395.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

お酒は、決められたビアガーデンエリアでしか飲めませんが、この陽気です、たくさんの人がアルコールを楽しんでいました。

ちなみに、この日はカメラは2台体勢。

PENTAX K-7と、同じくペンタのQ。機能もサイズも違う2台での2台体勢ですが、K-7にはタムロンの90mm(35mm換算で135mm)を装着、Qは01(同換算で47mm)ということで画角ベースで全然違う構図が狙える組み合わせです。

a0190559_17151991.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

お祭りですので、アップで撮りたいシーンや、引きで撮りたいシーンがあるため、本当はズームレンズが便利なのですが、この日は単焦点の2本で行きました。なんとなくですけど、そういう縛りがある方が、空間の雰囲気を伝えることに意識が強くなる気がするんです。

a0190559_17151236.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]

ところで、K-7とQだったら当然APS-Cサイズセンサー搭載のK-7の方が描写力が上と考えていいわけですが、この上の1枚を見ると露出がベストと言えるのかわかりません。

ダイナミックレンジの都合もあるとは思うのですが、「Avモード」にて撮影しているとこうして白トビしたショットがいくつもありました。

a0190559_1715358.jpg
[ PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME, JPEG (CI=Miyabi/SF=Ademiyabi/DF=none/AWB) ]

逆にQの方はそういう失敗というか、気になる画像は出て来なかったので、単純に山とかでガンガンやったり、3年9ヶ月使用するうちに露出計がおかしくなって来たということならまぁいいんですけど、下克上だったらビックリですね。




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2013-06-23 23:37 | Something Else
[The LOG連動] Fremont Fair 2013 Vol.1
a0190559_18121344.png
大変たいへんご無沙汰になっています。Leoは生きていますよー!(笑)

4月の通り抜けの記事以来、2ヶ月以上放置状態になってしまっていますが、その間、シアトルに戻り、こちらで毎日忙しく暮しております。

ただ、忙しくとは言っても、写真撮影活動は事実上休止中、、というか、まぁ、シーズン的な都合もありますけど、中々撮影に出られていません!

まだ去年のアラスカの記事の紹介を終えていないというのに、本当に情けないというか、がんばりが足りないなーと思いますが、実は今年の1月からスタートした新ブログの方を“ほぼ”毎日更新するということに注力していて、こちらのブログがおろそかになっている、という実情があったりするんです。

The LOG Leo Miyanagaってこんな人、を発信する感じのブログ

さて、そんな感じで放置されていたこのブログですが、今日からその「The LOG」という名前でやっている今のところ実質的にメインブログとなっている方のブログとの連動企画をやってみようと思い立ちました!

連動企画といっても、運営者が同じ人間で執筆者も同じですから、変な話に見えますけど、今日「Fremont Fair 2013」という地元では大きなお祭りに行って来て、久しぶりに300枚を越える量の撮影をしてきたことをきっかけに、ふたつの趣向の違ったブログに対して同じ写真を使いながらこちらでは写真ブログとしての視点を、あちらではLeoという人やその生活をしっていもらうという感じの視点で綴ってみようという企画です!

ということで、今回は紹介写真が1枚もなく、しかもまだ思い立ったばっかりで、しかも「The LOG」と同じペースでこちらのブログを更新出来るか自信ありませんけど思い立った本人は面白いかも!と勝手に舞い上がっているので、よかったら気にしてみて下さい!!

→The Logでの告知記事はこちら

Fremont Fair 2013 Vol.2 - ブースを見て回りました








色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2013-06-22 18:10 | Something Else
大阪・造幣局桜の通り抜け
超久々の投稿になりました!

今回は日本の写真を紹介しますが、大阪では春の風物詩として誰もが知る桜のイベント、「造幣局桜の通り抜け」に行ってきました!

a0190559_1449642.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=MIYABI/CTE) ]

この日は、タムロンの90mmマクロ一本で撮りました。

通り抜けは昼間と夜のライトアップまでやっていますが、ボクは昼と夜両方行きました。
a0190559_1449196.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=MIYABI/CTE) ]

開催時期は例年通りでしたが、今年は初日がギリギリ見頃という感じで、ボクの行った二日目は葉桜が目立つ残念が状況でした。

なんとか満開状態の木を選んで撮りましたが、天気自体は爽やかで晴れの素晴らしい陽気で、撮影は楽しく、約10年ぶり(多分前回来たのは2004年)の通り抜けを楽しむ事は出来ました。
a0190559_14492132.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=MIYABI/CTE) ]

葉桜なものは少しハイキー(EV+2.0程度)で撮影することで淡いピンクx浅い黄緑の爽やかな色合いにしてみました。

マクロレンズなので等倍まで寄れるわけですが、風もあり、三脚のない環境ではなかなかしべにジャスピン!みたいな撮影はできませんでした。
a0190559_14492256.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG (CI=MIYABI/電球) ]

ぎゃくにこんな感じの撮影を楽しんだのですが、やっぱりボクはこういうなんか変な構図が好きみたいです(笑)。他の人がみるとなんのこっちゃわからないですよね(汗)。




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2013-04-18 14:46 | Something Else
PENTAXから5機種リリース?
こちらの記事(英語)によるとPENTAXが近々5種類の“DSLR”が発表するらしい。

PENTAXの規模を考えると5種類っていうのはすごいですが、一体どんな機種が出るのか?書くことないので妄想してみました(笑)。

1)K-1:満を持してのフルサイズ
2)K-3:K-5シリーズの上位版APS-C最上位機種
3)K-3s:K-3のローパスレス仕様バージョン
4)K-30 II:K-30のマイチェン機種、全20色展開
5)K-300:K-rラインの後継機種全120色展開

こんな感じでどうでしょう?(笑)

値段幅が2000ドルから400ドルということなのですが、2000ドルの機種がAPS-Cということは考え難いのでいよいよPENTAXもフルサイズ参入か?ということは誰もが予想&希望することですね。

K-5 IIは去年秋に出たところなのでこの春に後継機種を出すことは考え難いので、K-5のラインよりさらに上のラインを増設するのかなという妄想です。

ニコンのD7100もD7000の後継ではないとアナウンスされているので、K-3ラインとしてAPS-Cフラッグシップ機種を出すというのは妥当な予想ではないでしょうか?

K-30も比較的新しい機種ですが、カラフル展開x向井理のQ10も受けているので、さらにブラッシュアップしたK-30 IIを出すのはありかなと。色は2色増やして20色展開。

そしてK-300が400ドルの商品でミラーレス層をすくい取る機種です。

ミラーレスはQシリーズで推して行く感じだと思うので、きっとK-01ラインは消滅するでしょう。

フルサイズでK-5くらいのサイズに収まるタフネス機種が出るなら、欲しいですね。







色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2013-03-13 18:37 | Something Else
【無料】LEO MIYANAGAオリジナル壁紙 For IPhone
a0190559_9555827.png
ボクの写真をiPhone用壁紙にしてみました。

予てよりご要望いただいていたのでとりあえず4種作ってみましたが、どうでしょうか?

良かったら使ってみて下さい^^

DLは、ボクの別ブログの方でお願いします。






色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2013-02-17 09:58 | Something Else
PENTAX、“フルサイズは出さなきゃいけない”
インタビュー動画がYouTubeに上がってますね。“フルフレーム”と言っていますが、いわゆる35ミリサイズ版撮像素子搭載のカメラ(DSLRかミラーレスかはわかんない)は、社内のテンションでは出さなきゃならないというムードになっているようです。



ペンタックス愛好家の人はフィールド撮影派の人が多いと思いますが、待てない人はCANON 5D2にとうに流れて、アンチキヤノンだった人でも、D800/D800Eの時に結構流出してると思われます。

また、小型軽量以外のプラスワンがないと訴求できないという話が最後に出ていますが、フィールド撮影向けに開発するとしたら、アストロとレーサー内蔵とか、GPS内蔵は案としては出るんでしょうね。でも、サイズの問題やバッテリー問題で簡単じゃないでしょうから、プラスワンというのは難しそうですね。先行する3社と差別化してニッチなところを攻める作戦でしょう。

フルサイズになると望遠側が弱くなるので、個人的にはAPS-Cフラッグシップ路線(K-5のライン)も堅持して欲しいです。




色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2013-02-04 12:50 | Something Else
最新タフネスデジカメ比較・2013年篇
a0190559_13412227.jpg
今日から、日本ではCP+ですね。今回は、そのCP+に向けていくつかのメーカーが新製品を発表した“タフネスデジカメ”の比較をしてみました。

CANON及び富士フイルムの二機種はおよそ1年落ちです。もしかしたら新しい機種が近々発表になるかもしれませんが、一応下記の6メーカーで比較してみました。

WG-III GPS
OLYMPUS TG-2
Panasonic DMC-FT5
NIKON COOLPIX AW110
CANON PowerShot D20
FUJIFILM FinePix XP150

とりあえず防水・防塵・対衝撃等のタフネス機能以外で共通しているのは、レンズが全て「屈曲式」ということと、「光学式手振れ補正」、そして「GPS機能が付いている」という点でしょうか。



続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2013-01-31 08:33 | Something Else
PENTAX Qの接写力 with 01 STANDARD PRIME
本当に「Q」のことばかりですみません。

今日は、ちょっと「01」での接写能力がどんなもんかレビューっぽく書いてみます。

a0190559_16131238.jpg
[ PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME, RAW, JPEG (CI=Vivid/SF=none/DF=none/AWB) ]

このレンズの最短撮影距離は「0.2m」ということなので、レンズの長さ「23.0mm」とじゃっかんのセンサーまでのくぼみ分を考えて、レンズ前から17cmくらいのところまで寄れそうかなと思われます(スペックは公式より)

a0190559_16131371.jpg
[ PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME, RAW, JPEG (CI=Vivid/SF=none/DF=none/AWB) ]




続きを読む →→→
[PR]
by natleo | 2013-01-27 10:52 | Something Else