Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

いまさらだけど、「PENTAX Q」を買ってみた。
アラスカ旅行記の途中だけど、新しいカメラを買ったのでちょっと挟みたいと思う。

今年は、とうとう主要各社がミラーレスを持つという年になった。APS-Cを採用するのは新たに加わったキヤノンを入れて、SONY(NEX)、キヤノン(EOS M)、富士フイルム、そして(一応)ペンタックス(K-01)の4社。マイクロフォーサーズ(m4/3)陣営として、パナソニックとオリンパスの2社があり、一眼レフではキヤノンと並んで2強になっているニコンは、1インチサイズの素子を採用した(NIKON 1)

こうして見ると、各社一眼レフタイプの主力商品は35mmフィルムフルサイズ機へ移行して行き、APS-Cタイプはミラーレス化で住み分けして行く路線を感じるが、小さめの撮像素子を採用したm4/3陣営やニコンなど、さらに小さめのセンサーにすることで戦略を練るメーカーもあり、ペンタックスは、一応K-01という機種で“ミラーを取っただけ”なミラーレス機を作った物の、「ペンタックスのミラーレス」として看板を背負っているのが今回買った、「PENTAX Q」だ。

a0190559_0225950.jpg
[ APPLE iPhone 4 ] 撮像素子としては他社と比べて圧倒的に小さな1/2.33inchタイプの物を使っている面積比でNIKON 1と比べて1/4以下。APS-Cと比べるとさらに小さいわけだけど、その恩恵で、本体は圧倒的にコンパクトである(上の一枚じゃあわかりにくいけど)

ブログランキングに参加しています。更新のやる気になるので読んでいただいたら、→→→クリック←←←願いします!!

a0190559_023203.jpg
[ APPLE iPhone 4 ] K-7などの一眼タイプ用に作られたフラッシュを付けてみたらわかりやすいかな?ということで撮ったわけじゃないんだけど、試し撮りとしてウチのトイプーたちを撮るのにストロボを使いたくて付けたら、「本体より大きんじゃね?」と思って面白かったので撮った一枚がこれ。

「Q」という名称、一眼タイプ用マウントに付けられた「K」マウントの「K」がキング(KING)の意味からも由来することから、クイーン(QUEEN)の「Q」をマウント名にしたらしいと聞いている。このカメラ自体、発売は1年ちょっと前だから、すでに後継機種が発表済みで、そいつの名前は、「Q10」。ペンタックスお得意の「100色」展開があるのだけれど、コエンザイムみたいな感じで初号機の方が名前はシンプル(笑)。





a0190559_0233063.jpg
[ PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME ] こちらが最初に試し撮りの意味で撮った物。 ギャラリーで撮ったものだけど、ブログ用やL〜A4印刷くらいまでの用途なら充分楽しめる画質かなと思った。(ちなみに展示のスタイルを少し替えました^^)

a0190559_0233469.jpg
[ PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME + PENTAX AF-360 FGZ] こちらがトイプーちゃんを撮った一枚。「01」という番号が付いた単焦点レンズ(実焦点距離は8.5mm/35mm換算で約46.8mm)がキットレンズとして付いており、今はそのレンズしか持ち合わせていないが、撮像素子が小さいハンデをカバー出来るのはレンズだけということを考えると、「Q」では、単焦点で遊びたいかな、と思っている。

35mm換算で50mm近いため、結構望遠よりの焦点距離となっているから、室内で広く撮りたいなという気分の時は狭すぎると感じるだろう。いつも持ち歩くコンデジ代わりとしてなら、そういう意味のマルチ感は薄いと思う。ただ、デジイチ様を常に持ち歩くのは中々簡単じゃないことを考えると、このサイズ(いわゆるコンデジサイズに収まっている)であることに大きな意味があると思って購入した。画質面でAPS-Cサイズやフルサイズ素子を積んだデジイチと勝負は難しい中で、コンパクトという性能により、常に持ち歩けて、シャッターチャンスを逃さない。つまり、キャプチャー出来るモーメントを増やせるという論理になる。

とはいえ、レンズ交換式であるためレンズ部が「ウィーーーン」と収納されて薄くなるいわゆるスタンダードな形のコンデジと違い、やっぱり持ち歩きには少々「持ってる感」が増す。最近ボクはiPhoneで日常の撮影をこなす様になったけれど、これはiPhone様の画質の向上によるところで、このスタイルが定着し始めている人は多いはず。各メーカーはその流れを充分わかっているから、特徴のないコンデジが売れなくなると予想していると思う。わざわざ「もう一個持ち歩く」ことをするためには、スマホ画質を上回るとか、面白味が多いとか、更なる要素が必要になって来た時代だと思う。

「Q」は画質面では大きな素子を持った他のミラーレス機群から見劣りしえるけれど、iPhoneでいつも済ましているボクが買ってみようとおもわせられた要素は持っているかな、と思ってる。ちっさくて、カワイイ(笑)し、それでもレンズ交換による表現の可能性があるというのは面白い。後は、画質面で「わざわざ」かばんから取り出して、iPhoneではなくこいつで撮っとくんや!と思わせられるパフォーマンスがあるか。これから色々遊びたいと思う。

こいつでまた、面白い色々が撮れたら、ここでも紹介しようと思います。お楽しみに!


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。
*JPEG images finished with Photoshop CS4.





色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
by natleo | 2012-10-19 00:45 | Something Else


<< Alaska 2012 [4]... Alaska 2012 [3]... >>