Top

 
[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

PENTAX K-3の情報まとめ
a0190559_12522426.jpg


「K-5 II/IIs」から1年ちょっと、やっぱりこの二機種は“つなぎ”的なポジションだった様で、後継機種が出るみたいです。

ボクは「K-7」を2009年9月に購入したのですが、もう4年も使っていることになり、その間「K-5」が出て、「K-5 II/IIs」が出ても、色々理由を感じてスルーして来ました。が、今回は恐らく、多分、まぁ間違いなく、買うと思います!

ということで、噂のスペックはこんな感じ↓

 - センサーは2400万画素APS-Cセンサー、ローパスレス
 - 画像処理エンジンは新開発のPRIME III
 - ボディ内手ブレ補正は、より高性能な新型のコントローラーと駆動ユニットを採用
 - イメージセンサーを露光中にわずかに動かすことで光学式ローパスフィルターと同じ効果が得られるローパスセレクター機能(効果は強、弱、OFFが選択可能)。
 - アストロトレーサー対応(オプション)
 - AFユニットは新開発のSAFOX11。-3EVに対応。AFに測光センサーの色情報を活用
 - AFの測距点は27点(25点クロス)、中央3点はF2.8の光束に対応
 - 連写は8.3コマ/秒
 - メディアはSDカード(SDXC、UHS-I対応)、デュアルスロット
 - HDR使用時にRAW形式で保存が可能
 - ファインダーは新開発で、光学系を一新。視野率100%、倍率0.95倍
 - ボディは前後と上下にマグネシウム合金を採用。防塵防滴。-10℃の耐寒性能
 - シャッターの耐久性は20万回
 - オプションのFLUCARDでスマートフォンとの連携が可能
 - ボディはブラックとプレミアムシルバーエディション
 - バッテリーグリップはK-3専用のD-BG5

個人的には、連写速度はそんなに気にしないので、上がってても「ふーん」ッという程度ですが、アストロトレーサーはオプションなのかーっていうところが残念なのと、それと連動して、GPSはやっぱり着かないってところが残念ですね。



a0190559_12524780.jpg

まぁしかし、SDカードスロットがデュアル化したり、AFが進化したり、ローパスレスが進化したり、そしてファインダーが大きくなったり、カメラとしてしっかり進化しているので、10万切ったら、「買い」ですね。

来年の夏こそは!!!!

撮りに行きたい!!!!!!!

もっと色んな画像は、こちら↓のブログ記事に載せておきました。
http://blog.leomiyanaga.com/4279 (@ The Log)





色んなブログを探すなら >> にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
[PR]
# by natleo | 2013-10-06 23:49 | Something Else
Skyline Trail at Mt. Rainier 2013.
a0190559_151937.jpg
[ PENTAX K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM (34mm/-0.7EV/F16), JPEG (CI=Reversal film/AWB) ]


またまた投稿に間が開いてしまいましたが、2年ぶりにレーニア山国立公園に行って来たので少し紹介したいと思います!

その前に、ボクとしてヒッサしぶりに新しいレンズを買ったのでちょっとその話を。



ペンタックスユーザーならご存知と思われる望遠ズームレンズ。高性能の証、★(スター)シリーズに恥じない評判の良いレンズですが、重くてデカイことから持ってるユーザー自体は少なめだと思われます。

ボクも山に持っていくにあたってそのサイズと重量がどうしても計算出来なくてずっと気にはしていたのに買うに至らなかったわけですが、今思うのは、「もっと早く買っておくべきだった!!」ということ。

さて、そんな「DA60-250mm F4 ED [IF] SDM」の試めし打ちも兼ねたレーニア山、スカイライントレイルで撮影した写真をご覧下さい。




続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2013-08-11 23:44 | Field Log
Fremont Fair 2013 Vol.3 - ボディペイントの集団が舞う、ポップでセクシーなパレード
久々に更新が再開したNATLEOですが、今回も前回から引き続き、「Fremont Fair 2013」の様子をお届けします。

今回紹介するのは、シアトル夏の風物詩のひとつとして毎年話題に上るパレードの様子なのですが、このパレード、世間の注目を集めるのにはわけがあるんです。

「SOLSTICE PARADE」と名付けられるこのパレードは、日本語では「夏至パレード」という意味で、年間で最も日が長い日である6月21日付近で行われるこのお祭りにちなんだ名前となっていますが、日が長いことが関係するのかどうか、この「SOLSTICE PARADE」ではなんと、

全裸の集団が自転車にまたがり駆け巡るのです!


連動企画として同じく「Fremont Fair 2013」に関する投稿をしているもうひとつのブログ、「The LOG」の方ではそのパレードや参加者たちについてたくさんの写真とともにコメントを添えていますが、こちら、「NATLEO」では、写真ブログらしく、

“ポートレートとして見たパレード”

という切り口で紹介していこうと思います。

a0190559_16563881.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

前回紹介した通り、K-7にはタムロン90mm一本付けでした。

このレンズ、ポートレート撮影においてボクはかなり信用しているということと、どれくらい近くで撮影できるのか事前にわからなかった都合から選んだのですが、適切な選択でした。

a0190559_16571893.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

やっぱり35mm換算で135mmくらいのこの画角は人を撮るのに適していると感じました。

正直なところ、もーちょっとだけ引いて撮りたいかも?と思った時はあったので、見た目の“ガッツリ感”を緩和する意味でも、「smc PENTAX-DA70mm F2.4 Limited」あたりを持っていたら使いたかったかもーとは思いました。薄いレンズだから威圧感なくていいですよね、こういう時。

「smc PENTAX-DA70mm F2.4 Limited」をAmazonで見る。

a0190559_1654538.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

しかし、こういう表情がハマると「キタッ」ってなっちゃいます。久しぶりに人が撮りたいという気持ちが高まっちゃいました。

a0190559_1744947.jpg
[ PENTAX K-7 + Tamron SP AF 90mm F2.8 Di MACRO, JPEG, Av Mode (CI=Reversal film/AWB) ]

このパレードの特徴としては、参加者が皆さん満面の笑顔だったということがあげられると思います。

最初、全裸で大衆の前に出て来て恥ずかしくないの????という思いがありましたけれど、彼らの絵がをを見ている(撮っている)と、なんだか来年は自分も参加者側にいたいな、とか一瞬思っちゃったくらい、本当にいい笑顔でした。



続きを読む →→→
[PR]
# by natleo | 2013-06-24 23:40 | Something Else